レノバほか3社共同の地熱発電事業、熊本県南阿蘇村で地熱発電の調査掘削を開始

不動産投資を手掛けるフォーカス(東京都港区)、地熱エネルギー発電の開発・コンサルティングのデナジー(東京都品川区)と共同事業者グループを築き、熊本県南阿蘇村湯の谷で地熱開発事業を展開中のレノバ(東京都千代田区)は、9月13日より同地区で地熱資源量把握調査のための構造試錐井の掘削を開始した。 南阿蘇村は活火山の阿蘇山を中心に地熱資源が豊富に存在しており、周辺には数多くの温泉地がある。3社共同事…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Web版ログインページ
有料契約の方はこちらから
Web版ログインページ
機能限定版、試読の方は
こちらから

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー