NEDOがバイオマス発電事業の導入指針を公表 参入を検討している事業者向け

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は9月28日、バイオマス発電事業への参入を検討している事業者向けに、地域の特性を生かした「バイオマスエネルギー地域自立システムの導入要件・技術指針」を公表した。同日よりNEDOのウェブページからダウンロードできるようになっている。 バイオマス発電事業は近年、売電収益を目的とした発電事業としての位置づけが強まり、新規参入が活発化している。しかし国内…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Web版ログインページ
有料契約の方はこちらから
Web版ログインページ
機能限定版、試読の方は
こちらから

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー