≪レポート「JPEA主催・第34回太陽光発電シンポジウム」≫「基幹電源としての太陽光発電」視野に議論

(一社)太陽光発電協会(JPEA、代表理事=平野敦彦・ソーラーフロンティア代表取締役社長)は「第34回太陽光発電シンポジウム」を12月12日と13日の両日に開催した。 [画像・上:「第34回太陽光発電シンポジウム」会場] 今回のテーマは「太陽光発電を日本の基幹電源に~JPEAビジョンの具現化~」。JPEAは「2030年での国内累積導入量目標100GW」の目標を掲げている。2017年3月…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Web版ログインページ
有料契約の方はこちらから
Web版ログインページ
機能限定版、試読の方は
こちらから

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー