米国加州でEV実証事業が本格稼働へ【NEDO】55基の急速充電設置完了

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)はこのほど、日産自動車と総合商社の兼松(東京都港区)を委託先としている米国カリフォルニア州を舞台とした電気自動車(EV)関連技術開発事業で、同州内に25カ所合計55基の急速充電設備を設置したことを発表した。 [画像・上:今回完成した合計55基の急速充電設備(提供:NEDO)] さらに利用者用車両情報スマホアプリをバージョンアップさせて日産の…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Web版ログインページ
有料契約の方はこちらから
Web版ログインページ
機能限定版、試読の方は
こちらから

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー