【年頭所感・2018年:主要企業㉟】酒井 節雄(株式会社ニプロン 代表取締役社長)「ポストFIT時代に向かって」

皆様、新年あけましておめでとうございます。 昨年は、日本経済の景気が回復し、製造業では半導体や自動車関連を中心に景況感を押し上げ10年ぶりの高水準となりました。今後も東京オリンピック・パラリンピックに向けての動きもあり高景況感は続くのではないかと思います。PV業界においては、事後的過積載の規制という大きな変化点があり、昨年後半は既設の発電効率向上や蓄電への動きがより活発になりました。 …

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Web版ログインページ
有料契約の方はこちらから
Web版ログインページ
機能限定版、試読の方は
こちらから

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー