【年頭所感・2018年:主要企業㊳】山中 正(センチュリー・エナジー株式会社 代表取締役)「『脱炭素社会』の一翼を担い続けて」

新年明けましておめでとうございます。皆様のお陰を持ちまして無事に新しい年を迎えることができました。昨年は永田町から皇居を一望できる大手町パークビルディングに新本社を移転し、決意も新たに「脱炭素社会」の一翼を担うべく社員一同、日々奮闘致してしております。 さて世界の動きに目を向けますと「脱炭素社会」の転換を進める原動力は2015年12月に世界各国が合意した「パリ協定」にあります。決め事として「…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Web版ログインページ
有料契約の方はこちらから
Web版ログインページ
機能限定版、試読の方は
こちらから

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー