地域熱供給インフラ点検「ドローン活用で効率化」【三菱地所/丸の内熱供給/ブルーイノベーション/リベラウェア】実証試験開始

地域熱供給のインフラO&M用ドローンの実用化開発が進められている。2月6日、その実験の模様が公開された。 [画像・上:地域熱供給のインフラ点検実証試験を行うドローン] 開発を行っているのは三菱地所と、三菱地所が筆頭株主となっている丸の内熱供給、そしてドローンを担当するブルーイノベーション(東京都文京区)とリベラウェア(Liberaware:千葉市)。 建物個別ではなく、エ…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Web版ログインページ
有料契約の方はこちらから
Web版ログインページ
機能限定版、試読の方は
こちらから

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー