梅調味廃液を利用したバイオガス発電所建設【中田食品】住友重機械エンバイロメントがプラント受注

梅干しや梅酒など梅加工食品の製造・販売を営む中田食品(和歌山県田辺市)はさきごろ、味付け梅干しを加工した際に出る残り汁の「調味廃液」を活用したバイオガス発電所の建設に乗り出すと発表した。 [画像・上:設備運転に伴う公害防止協定書の調印式の様子。左端が中田食品の中田社長(提供:中田食品)] 同県上富田町の富田川沿いの敷地に嫌気性廃水処理施設とガス発電機(出力360kW)を備えた「中田食品…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Web版ログインページ
有料契約の方はこちらから
Web版ログインページ
機能限定版、試読の方は
こちらから

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー