NEDOが環境アセス期間半減目指すガイド公表 環境調査前倒しなどを柱に

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は3月、「環境アセスメント迅速化手法のガイド」を公表した。 よく耳にする「環境アセス」は環境影響評価法に基づく措置。その名の通り大規模施設の立地を原因とした周辺環境への影響を予測・評価する。評価は法律上の義務だ。 対象となるのは13種類の事業。その中には発電所設置も含まれる。さらに発電所の中では、水力・火力・原子力に加えて、風力発電所と地熱…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Web版ログインページ
有料契約の方はこちらから
Web版ログインページ
機能限定版、試読の方は
こちらから

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー