トヨタ自動車が燃料電池バス量産型発売 都バスはFCバス5台体制に

トヨタ自動車は3月、水素を投入し車載する燃料電池を作動させることで動力とする79人乗り燃料電池バス(FCバス)の量産量販型を発表。既に型式認証を取得し、販売を開始している。 [画像・上:市販が開始された燃料電池バス「SORA」。高い外部給電能力も備える(提供:トヨタ自動車)] 本FCバスは「SORA」(そら)と名付けられている。地球の水の循環を表す「Sky・Ocean・River・Ai…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Web版ログインページ
有料契約の方はこちらから
Web版ログインページ
機能限定版、試読の方は
こちらから

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー