岐阜県で河川維持量発電所を新設【関西電力】保有する下小鳥ダムの設備を利用

関西電力はさきごろ、岐阜県飛騨市に保有する「下小鳥ダム」に、河川維持流量を利用した水力発電所「下小鳥維持流量発電所(仮称)」を新設すると発表した。 [画像・上:イメージ写真(提供:関西電力)] 河川維持流量は、ダム下流の景観の保全や生態系を守るために常時流している必要流量。下小鳥ダムは神通川水系の小鳥川に建設された発電用ダムで、飛騨市にある同社運営の「下小鳥発電所」(14万2,000k…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Web版ログインページ
有料契約の方はこちらから
Web版ログインページ
機能限定版、試読の方は
こちらから

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー