合計4MWのソーラーシェアリング運開【BCPGジャパン】静岡県御殿場市、パネル下栽培品はヒサカキ

日本および北東アジアで太陽光を主とする再エネ事業を手掛けるタイ資本のビーシーピージージャパン(BCPG、東京都港区)はこのほど、静岡県御殿場市駒門地区で営農型太陽光発電所の操業を開始した。御殿場1太陽光発電所と御殿場2太陽光発電所で、発電容量は合計4.4MWとなり約1,100世帯分の消費電力量に相当する。営農型太陽光発電所としては日本最大級の発電規模となる。 [画像・上:御殿場1・2発電所の…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Web版ログインページ
有料契約の方はこちらから
Web版ログインページ
機能限定版、試読の方は
こちらから

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー