日立キャピタルがバイオガス発電事業に参入 JAゆうき青森の長芋の残渣を燃料に利用

日立キャピタルはこのほど、子会社の日立グリーンエナジーが発電会社のイーパワー、日本アジア投資の3社で設立した合同事業会社が青森県に長芋の残渣を燃料とする小型のバイオガス発電施設を建設すると発表した。 [画像・上:長芋の残渣をバイオガス発電で活用する(提供:日立キャピタル)] 合同事業会社は、JAゆうき青森(青森県東北町)が所有する土地に発電施設を建設する。6月18日、現地で起工式が行わ…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Web版ログインページ
有料契約の方はこちらから
Web版ログインページ
機能限定版、試読の方は
こちらから

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー