リソースとしての 「電力のシェアリング」事業開始 =中部電力

中部電力は、再エネや蓄電池などの需要家側にある分散型電源を有効活用する新たなサービスの展開を開始した。 [画像・上:「これからデンキ」で2019年度以降に中部電力が展開するサービス(提供:中部電力)] 新事業は「これからデンキ」と名付けられている。需要家が発電した電気を様々な形で取引できる場としての、「参加型取引サービス」だ。その具体例として、太陽光発電によって昼間に発電した電気を中部…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Web版ログインページ
有料契約の方はこちらから
Web版ログインページ
機能限定版、試読の方は
こちらから

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー