インドネシアで1.6MWメガソーラー完成【シャープ子会社】環境省のJCM事業を活用

シャープの完全子会社で、太陽光発電設備の販売や施工などの事業を展開するシャープエネルギーソリューション(大阪府八尾市)は、インドネシアで建設していたメガソーラーの竣工式を挙行した。なお発電所は4月10日に運転を開始している。 [画像・上:インドネシアで完成したメガソーラー(提供:シャープ)] 本発電所は環境省が実施する「二国間クレジット制度に基づく設備補助事業」の採択を受けて建設された…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Web版ログインページ
有料契約の方はこちらから
Web版ログインページ
機能限定版、試読の方は
こちらから

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー