開発した小水力発電設備の実証運転開始【協和コンサルタンツ】「相反転方式」の高効率な発電機

建築に関するコンサルや太陽光・風力など再エネ関連事業のコンサルも行う協和コンサルタンツ(東京都渋谷区)は、小水力発電設備を開発。この設備を実際に設置して、稼働状況を検討する実証運転をこの7月から開始した。 [画像・上:設置された発電機(提供:協和コンサルタンツ)] 本発電機の特徴は、発電部分に「相反転方式」と呼ばれる機構を採用している点だ。モーター部の磁石の持つ磁力と、磁石が回転する運…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Web版ログインページ
有料契約の方はこちらから
Web版ログインページ
機能限定版、試読の方は
こちらから

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー