横浜市ごみ焼却工場の安定運転にAI・IoT活用【横浜市/MHIEC】公民連携で実証研究を開始

三菱重工環境・化学エンジニアリング(MHIEC)はさきごろ、横浜市とごみ焼却工場へのAI・IoT技術の導入に関する共同実証研究を開始した。 [画像・上:実証研究のイメージ(提供:三菱重工)] MHIEC、ごみ焼却工場、市庁舎との間でごみ焼却工場の運転データのネットワークを構築する。収集・蓄積した運転データはAI技術を活用して分析され、より高度な「ごみ焼却工場の安定運転」に用いられる。対…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Web版ログインページ
有料契約の方はこちらから
Web版ログインページ
機能限定版、試読の方は
こちらから

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー