東芝の次世代LiB開発進む

セパレータレスの新構造開発 東芝はリチウムイオン二次電池(LiB)で、正負電極の絶縁体として一般的なセパレータを用いない新たな技術の開発に成功した。なお本開発には新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)事業での成果を一部使用している。 [画像・上:セパレータレスのSCdEセル構造(提供:東芝)] セパレータを挟み込む代わりに、電極に膜を直接形成することで絶縁する。東芝の独自技術…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Web版ログインページ
有料契約の方はこちらから
Web版ログインページ
機能限定版、試読の方は
こちらから

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー