高出力な全固体電池で超高速充放電 東京工業大学ほかが実証に成功

東京工業大学の一杉太郎教授らはさきごろ、東北大学の河底秀幸助教、日本工業大学の白木將教授と共同で、高出力型全固体電池で極めて低い界面抵抗を実現し、超高速充放電の実証に成功したと発表した。 [画像・上:研究で製作した全固体電池の概略図(提供:東京工業大学)] 固体電解質の中をリチウムイオンが自由に行き来することで充電と放電を行う全固体電池は、電解液を用いる従来のリチウムイオン電池と比べ、…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Web版ログインページ
有料契約の方はこちらから
Web版ログインページ
機能限定版、試読の方は
こちらから

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー