≪富士経済調べ≫全固体電池の市場拡大は2030年代か 2035年にはグローバルで2.5兆円超えへ

市場調査会社の富士経済(東京都中央区)は8月、次世代二次電池に関する調査・分析の結果を公表した。調査は次世代二次電池に関して、現行のリチウムイオン二次電池(LiB)を軸に全固体リチウム二次電池(全固体電池)と、ポストLiBとに分けている。全固体電池は電解質が従来の液体から固体になるものの、正負両極の間でリチウムイオンをやり取りする充放電の基本的な仕組みは、液体電解質・固体電解質の二次電池とも同じだ…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Web版ログインページ
有料契約の方はこちらから
Web版ログインページ
機能限定版、試読の方は
こちらから

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー