ドローンによるモジュール検査向けAI自動解析ツールを開発【エナジー・ソリューションズ/ソフトバンク・テクノロジーほか】2MWのメガソーラーの解析は3分で完了

IT関連サービスを手掛けるエナジー・ソリューションズ(ESI)、ICT(情報通信技術)関連を手がけるソフトバンク・テクノロジー(SBT)、ドローン・ロボットアプリケーション開発のM-SOLUTIONS(M-SOL)の3社はさきごろ、ドローンを使った太陽光発電所の赤外線検査向けに人工知能(AI)を応用した赤外線画像(IR)自動解析ツールを共同で開発し、実用化したと発表した。 [画像・上:「ドロ…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Web版ログインページ
有料契約の方はこちらから
Web版ログインページ
機能限定版、試読の方は
こちらから

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー