SBエナジー、北海道苫小牧市で メガソーラー建設へ「ソフトバンク苫小牧明野北ソーラーパーク」 三セク・苫小牧港開発の用地を賃貸

ソフトバンクグループで太陽光発電を中心とした自然エネルギー事業などを展開しているSBエナジー(東京都港区)は、北海道苫小牧市にメガソーラーを建設する。苫小牧港の物流や施設運営を行う第三セクターの苫小牧港開発が所有する、元は工業用地だった土地を賃貸して発電所の敷地とする。 敷地面積は約6万㎡(約6.0ha)で、発電所の出力規模は約3,100kW(約3.1MW)、年間予想発電量は約3802,00…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Web版ログインページ
有料契約の方はこちらから
Web版ログインページ
機能限定版、試読の方は
こちらから

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー