「自家消費型太陽光発電電力最大化」自動制御技術の特許取得【ラプラス・システム】蓄電池との組み合わせで100%自家消費実現へ

ラプラス・システム(京都市伏見区)はこのほど、「自家消費型太陽光発電の発電電力を自動制御で最大化する技術」の特許を取得した。この特許を用いた「自家消費型太陽光発電向け自動出力制御システム」の販売を開始した。消費電力に応じて適切に発電量を制御し、効率的な発電が可能となる。今後は、蓄電池の充放電を考慮した発電制御システムの開発も視野に入れる。 [画像・上:「自家消費型太陽光発電向け自動出力制御シ…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Web版ログインページ
有料契約の方はこちらから
Web版ログインページ
機能限定版、試読の方は
こちらから

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー