「ポストFIT」動き本格化へ FIT制度・長期未稼働案件見直し/九電が離島以外で初めて出力制御実施

この10月、再エネに関してエネルギー政策と系統運用で大きな動きが続いた。経済産業省による固定価格買取(FIT)制度における見直しと、九州電力による出力制御実施だ。いずれもこれまでにない領域に踏み込んでおり、再エネ事業の現場からは困惑の声も漏れる。しかしこれらの措置は、再エネの「主力電源化」にあたって避けて通れない道でもある。国内の再エネのありかたが今、問われている。 [画像・上:「総合資源エ…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Web版ログインページ
有料契約の方はこちらから
Web版ログインページ
機能限定版、試読の方は
こちらから

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー