≪スペシャルインタビュー≫経済産業省 資源エネルギー庁 省エネルギー・ 新エネルギー部長 松山 泰浩 氏「『再エネ主力電源化』は自立した真の電力事業者が担う」

買取価格低減を中心としたFIT制度変更、第5次エネルギー基本計画の閣議決定、そしてSDGsやRE100の広がりなど、矢継ぎ早に再エネを巡る状況は変化している。時代の変化にエネルギー政策面でどのように対応していくのか。エネ基に定められた再エネの「主力電源化」をどのように進めるのか。その道筋をこれまでの過程と共に、経済産業省 資源エネルギー庁 省エネルギー・新エネルギー部長・松山泰浩氏に訊いた。この7…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
ページ:

1

2 3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Web版ログインページ
有料契約の方はこちらから
Web版ログインページ
機能限定版、試読の方は
こちらから

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー