大王製紙、製紙廃水からバイオガスを生成する設備を四国中央市の三島工場に設置

大王製紙はさきごろ、クラフトパルプ製造工程で発生する排水を嫌気性処理により浄化し、処理過程で発生するバイオガスを取り出す設備を同社の三島工場(愛媛県四国中央市)に設置すると発表した。 [画像・上:完成予想図(提供:住友重機械工業)] 取り出したバイオガスは、重油の代替燃料として工場内で有効活用する。バイオマス燃料製造システムは、住友重機械工業子会社の住友重機械エンバイロメントが受注した…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Web版ログインページ
有料契約の方はこちらから
Web版ログインページ
機能限定版、試読の方は
こちらから

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー