スロベニアでクラウド型エネルギー管理システムの実証事業を開始【NEDO/日立製作所】エネルギーサービス事業の確立を目指す

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)と日立製作所は、スロベニアの国営送電事業者ELESと共同で、クラウド型エネルギー管理システム(AEMS)の実証試験を同国で10月より開始した。 実証試験では、データセンター上に構築したAEMSと、試験エリアの需要家が保有する蓄電池や工場・ビル・家庭などに導入されているエネルギー管理システム(xEMS)、配電会社に設置された制御システム(DMS)を…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Web版ログインページ
有料契約の方はこちらから
Web版ログインページ
機能限定版、試読の方は
こちらから

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー