「オートモーティブワールド」・「スマート工場EXPO」:新年最初のエネルギー関連商談・展示会 2019年1月16日(水)~18日(金) 於・東京ビッグサイト

[画像・上:前回のオートモーティブワールドの様子]

【第11回オートモーティブワールド】

リード エグジビション ジャパンが主催する自動車産業の先端技術分野の総合展示会「第11回オートモーティブ ワールド」が、2019年1月16日(水)から18日(金)までの3日間、東京ビッグサイトで開催される。同分野では世界最大級の総合展で、今年は1,120社が出展。構成展は「第11回[国際]カーエレクトロニクス技術展~カーエレJAPAN~」、「第10回EV・HEV駆動システム技術展~EV JAPAN~」、「第9回クルマの軽量化技術展」、「第7回コネクティッド・カーEXPO」、「第5回自動車部品&加工EXPO~カーメカJAPAN~」、「第2回自動運転EXPO」の6つ。自動運転、クルマの電子化・電動化、コネクティッド・カー、軽量化など、自動車業界における重要なテーマの最新技術が展示され、世界中の自動車メーカー・自動車部品メーカーが一堂に会する。

EV関連技術が注目を集めた

近年、自動車産業において注目されるキーワードに「CASE」「MaaS」などが挙げられる。CASEは「Connected:接続化」、「Autonomous:自動運転化」、「Shared / Service:シェア・サービス化」「Electric:電動化」の頭文字をとったもの。MaaSとは「Mobility as a Service」の略で「モビリティのサービス化」や「サービスとしてのモビリティ」と訳される。

MaaSのイメージ。クルマのICT化が変化を引き起こす(資料:経産省)

自動車にICT技術を取り入れ、運用状況や運転者のニーズなどをビッグデータ化。カーシェアリングなど交通部門の効率化を図るシステムを構築する。自動運転や電気自動車(EV)の導入によりデジタル化が進むことで、自動車産業は「モノ売りからコト売りへ」転換する。デジタル化した自動車が繋がることで、エネルギー分野を含む社会システムが大きく変化する。この流れは新エネルギー産業に大きな可能性をもたらす。自動車の電動化によってセクタカップリング(分野融合)が起こり、接続(ICT)化によって分散型エネルギーに付加価値が生まれる。VPP(バーチャルパワープラント)やV2X(Vehicle to X)がその例だ。同展示会ではその社会システム変化の最新動向がつかめるはずだ。

【第3回スマート工場EXPO】

リード エグジビション ジャパンが主催するIoT/AI/FAによる製造革新展「第3回スマート工場EXPO」が、東京ビッグサイトで同時開催される。スマート工場、スマート物流を実現するためのIoTソリューション、FA/ロボット、AIなどの最新技術・製品が集結。エネルギーマネジメント・省エネといった、脱炭素化に必須なソリューションも数多く展示される。

また、同時開催展は他に「ネプコン ジャパン2019」、「第5回ウェアラブルEXPO」、「第3回ロボ デックス~ロボット[開発]・[活用]展~」。関連16展で合わせて2,640社が出展する。

ページ:

1

2 3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Web版ログインページ
有料契約の方はこちらから
Web版ログインページ
機能限定版、試読の方は
こちらから

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー