「白川いいで発電所」運開 山形県飯豊町、43.3kW【山形県/白川土地改良区】売電収入により農業水利施設の維持管理費を軽減

山形県が飯豊町小白川地区で整備を進めてきた小水力発電施設「白川いいで発電所」が今秋完成し、11月から商業運転を開始した。 [画像・上:開所式の様子 (提供:白川土地改良区)] 発電設備(提供:白川土地改良区) 白川幹線用水路の落差(有効落差約9m)を利用して水車を回して発電する。最大出力は43.3kW。年間発電量は約71世帯分の使用量に相当する22万2,000kWhを見込んでい…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Web版ログインページ
有料契約の方はこちらから
Web版ログインページ
機能限定版、試読の方は
こちらから

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー