北米で320MW・300MWの風力発電所完成【伊・エネル社】PPAでRE100加盟企業アドビ社・Facebook社ほかに売電

イタリアの大手電力・エネルギー会社であるエネルは、北米の再エネ事業会社エネル・グリーンパワー・ノースアメリカ(EGPNA)が米国の内陸部2カ所で開発していた陸上の大型風力発電所(ウィンドファーム)運開を発表した。 ネブラスカ州ディクソン郡で完成したのはラトルスネーク・クリーク風力発電所で、設備容量は320MW、年間の発電量は約1,300GWhが予測されている。カンザス州マリオン郡およびディ…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Web版ログインページ
有料契約の方はこちらから
Web版ログインページ
機能限定版、試読の方は
こちらから

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー