【インタビュー】施工の現場から「第39回」「事業評価ガイド」で山積する課題あらわに

売り手にも買い手にも事業者責任の範囲の明示が必要 前回、「太陽光発電事業の評価ガイドに沿って発電所購入の検収サポートを行ったが、完成図書を販売店から入手する時点で躓いた」という記事を書いたが、今回はその続き。評価ガイドそのものについての問題点だ。 [画像・上:事業評価ガイドの評価項目一覧表] ●きちんとした評価がないと困るのは発電事業者本人 検収サポートを行うに当たっては…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Web版ログインページ
有料契約の方はこちらから
Web版ログインページ
機能限定版、試読の方は
こちらから

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー