【声】「新電力の再エネ電気調達に足かせとなっている現行の回避可能費用。消費者ニーズにも合致する制度改善を」パルシステム電力 新電力事業部次長 船津寛和氏

再エネ電力を重視する「再エネ新電力」は、現状の制度のままでは経済的に再エネ電力の供給を続けられない状況が起こり得る。大きな要因の一つは、FIT回避可能費用単価の算定方法がスポット市場価格(30分単位)に変更されたことだ。以前に比べてスポット市場価格は安定かつ低下傾向にあるが、激変緩和措置の対象外の電源から調達する比較的新規に参入した再エネ新電力は、ボラティリティ(価格変動性)と高い調達価格に晒さ…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Web版ログインページ
有料契約の方はこちらから
Web版ログインページ
機能限定版、試読の方は
こちらから

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー