ドローンによる風力発電設備点検サービス開始【テラドローン】ブレード1枚8分間で作業可能

ドローンを用いたレーザー・写真測量を実施するテラドローン(東京都渋谷区)はこのたび、ドローンによる風力発電向けブレード点検サービスを開始すると発表した。 [画像・上:開発したアタッチメントを取り付けたドローンが撮影している様子] 風力発電機のブレード点検は重機やロープを使った点検が主流だが、高所作業が伴うと共に、重機は立地条件によっては使用できず、ロープ点検は作業者に特別な資格を要す…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Web版ログインページ
有料契約の方はこちらから
Web版ログインページ
機能限定版、試読の方は
こちらから

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー