≪インタビューシリーズ:脱炭素経営に歩み出した日本企業「戸田建設」≫再エネ導入と排出CO2削減を平行推進してESG経営追求

戸田建設が2019年1月に「RE100」への加盟を発表した。ゼネコンからの加盟は国内初。同社は1994年に地球環境憲章を制定し、「すべての事業活動を通じて、環境保全活動を展開する」方針を掲げる。またCO2排出量についてはエコ・ファースト企業として、2050年までに1990年比で80%削減を目標としており、同等の目標でSBTの認証も受けている。

同社は長崎田手原メガソーラー発電所(長崎市、設備容量13.2MW)などに共同経営者として出資している。また設備を自社開発した五島市崎山沖浮体式洋上風力発電所(2MW)は、国内初の商用浮体式洋上風力だ。

[画像・上:インタビューに応じていただいた戸田建設 価値創造推進室の樋口正一郎副室長(右)と五十嵐保裕氏]

―RE100へ加盟した理由を教えてください

樋口 戸田建設は企業として環境に取り組む姿勢を打ち出し、エコ・ファースト企業として2010年からCO2排出量削減の努力を続けています。RE100は当社が目指すESG経営にも密接に関係しており、当社社長の積極的な後押しもあって、このたび加盟に踏み切りました。

五十嵐 RE100は電力を再エネ由来にすることでCO2が削減されますので、当社が継続する活動と方向性が一致しています。また当社はSBTなどにもチャレンジしているのですが、そうした取組の中身を全社員が理解して実践できているかというと、まだまだやれることがあります。RE100加盟をきっかけとして、一連の活動内容を社員に対してもきちんと見える化し、社員全員が理解して自分で考えて実践できるような体制に再構築したいと考えています。

樋口 環境や脱炭素に関して社員と対話すると、エコ・ファースト企業であるとか、自社の環境活動の外部機関からの評価などは知っているのですが、一人一人の腑に落ちていない様子が見られました。そこで象徴的なキーワードを掲げて、そこに向かって取り組むことで、トップメッセージを浸透させる意図があります。RE100を宣言したことで、ある支店からは早速「RE100を達成するにはどうすればよいのですか」と問合せがありました。

五十嵐 RE100は使用する電力を再エネ100%にするという明確な目標があります。RE100への加盟を通じて、再エネ導入に全社を挙げて取り組むことで、社員全員の意識レベルを向上させようという狙いもあります。

ページ:

1

2 3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Web版ログインページ
有料契約の方はこちらから
Web版ログインページ
機能限定版、試読の方は
こちらから

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー