稼働8年目のメガソーラーでクラックの影響調査実施【アドラーソーラーワークス】東京電力・浮島太陽光発電所(7MW)と扇島太陽光発電所(13MW)

全国各地で太陽光発電所のTDD(テクニカル・デューデリエンス)およびO&Mを提供しているアドラーソーラーワークス(神奈川県横浜市)はこのほど、東京電力ホールディングスの所有する浮島太陽光発電所ならびに扇島太陽光発電所において、同社のPVテストカーを用いたIVカーブ特性測定とEL検査を実施した。 [画像・上:PVテストカーによる検査作業の様子] 浮島太陽光発電所(7MW)と扇島…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Web版ログインページ
有料契約の方はこちらから
Web版ログインページ
機能限定版、試読の方は
こちらから

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー