シュナイダーエレクトリック、マイクログリッド向けソリューション事業に参入 2020年にパワーシステム事業倍増目指す

シュナイダーエレクトリックはこのほど、中圧受配電機器の製造・提供を行うパワーシステム事業の日本におけるビジネス領域を拡張し、「マイクログリッド向け事業」に参入すると発表した。マイクログリッド向けソリューション「EcoStruxure Microgrid(エコストラクチャー マイクログリッド)」を4月中旬より提供開始する。同事業の国内販売を、来年度までに倍増させる狙いだ。 [画像・上:シュナ…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Web版ログインページ
有料契約の方はこちらから
Web版ログインページ
機能限定版、試読の方は
こちらから

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー