旭電業が和歌山県海南市で太陽光発電事業に着手、事業計画を公表

電気工事業の旭電業(岡山市)は、和歌山県海南市で「旭メガソーラー海南発電事業」を計画しており、さきごろ海南市で事業計画を公表(縦覧)した。 事業計画によれば、同社が出資する事業会社の旭メガソーラー海南発電(岡山市)が海南市内の32万0,215㎡の事業区域に出力8,904kWの太陽光発電所を建設する。 今夏8月1日から造成工事に着手し、2020年10月から設置工事を開始。2021年9月…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Web版ログインページ
有料契約の方はこちらから
Web版ログインページ
機能限定版、試読の方は
こちらから

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー