≪シリーズ 地方創生と新エネルギービジネス③「シエル・テール・ジャパン」≫地域の池沼を有効活用、水上太陽光で防災にも貢献

水上太陽光発電のフロート設計・販売、エンジニアリングを事業とするシエル・テール・ジャパン(東京都中央区、代表取締役森一)は、自社水上太陽光発電所の開発にも取り組む。日本全国の池を有効活用し、「水上太陽光で町おこし」を目指す。具体的には太陽光発電に適した溜め池、調整池などに水上太陽光発電所を建設。20年間の契約で賃借料を支払う。 [画像・上:比久尼池水上太陽光発電所(南あわじ市)] 池…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Web版ログインページ
有料契約の方はこちらから
Web版ログインページ
機能限定版、試読の方は
こちらから

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー