太陽光発電システムの設計ガイドライン改訂【NEDO/JPEA/奥地建産】耐風安全性・水害時感電防止を考慮した合理的設計手法にシフト

地上設置型(野立て)の太陽光発電システムを安全に設計するためのガイドラインである「地上設置型太陽光発電システムの設計ガイドライン2019年度版」が7月9日に公開された。ガイドライン作成は新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の実証事業として、(一社)太陽光発電協会(JPEA)と奥地建産(現在は太陽光発電システム設計にまつわる業務は一般社団法人構造耐力評価機構=SPEIに継承)が作成実務を…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Web版ログインページ
有料契約の方はこちらから
Web版ログインページ
機能限定版、試読の方は
こちらから

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー