【「農業Week」で注目】①諸岡:不整地で活躍するゴムクローラ式フォークリフトなど実機展示

【「農業Week」イントロダクションより続く】

ブース番号:18-2

ゴムクローラとHSTシステムによる建設機械の製造・販売を行う諸岡は、農業現場で活躍するゴムクローラ式フォークリフト「MFD-20」と、360度全旋回キャリアダンプ「MST-200VDR」の2つを中心に実機展示する。

ゴムクローラ式フォークリフト「MFD-20」は、不整地での荷役作業に最適だ。ゴムクローラで走行時には圃場を傷めず、雨天時の軟弱地盤でも走行が可能。また農作物をパレットに乗せ、直接圃場からトラックへ積み込むことができるなど、ジャガイモや白菜といった重量野菜の運搬に力を発揮する。ブースでは農業現場におけるMFD-20の稼働の様子を、動画で紹介する。また同社では農業現場に合わせて選べる、小型化した新たなラインナップを開発中だ。

360度全旋回キャリアダンプ「MST-200VDR」は、全旋回式のため、収穫後または積載後の切返しは旋回するだけで済み、畑地や水田などの圃場を荒らしにくいことが特長だ。また最大積載量は2トンと、重量野菜の運搬に十分な積載量を有している。なおブースでは小型6輪キャリアの試作機を展示し、モニターを募集する予定となっている。

加えてブースでは、リモコン草刈機「Agria9600」や、TEAD製ドローンなども展示する。

【注目のブース「翔栄クリエイト アグリ事業部」に続く】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Web版ログインページ
有料契約の方はこちらから
Web版ログインページ
機能限定版、試読の方は
こちらから

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー