【インタビュー】施工の現場から「第46回」雑草対策は継続性が大切

「その場しのぎ」ではなく1年間のスケジュールで対応を 太陽光発電所の運用管理において最も大きな影響があるのは、雑草対策と言っても過言ではない。しかし、その場しのぎの「生えたら刈る」という対策では、刈られることで草はより強くなり、結果として成長を促進してしまう。1年間の雑草のサイクルを考慮した上で、どのようにコントロールするかスケジュール化するべきだろう。 [画像・上:枯れ草が残る「放…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Web版ログインページ
有料契約の方はこちらから
Web版ログインページ
機能限定版、試読の方は
こちらから

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー