【特集「第12回オートモーティブワールド」】新電元:EV用の出力90kW充電器など最新技術紹介

第12回[国際]カーエレクトロニクス技術展 青海展示棟 小間番号:A22-18

【「オートモーティブワールド」イントロダクションより続く】

新電元工業は「見て、触れて、動きを実感、新電元」をコンセプトに展示を行う。全長約2mのアクリル製EV車体ディスプレイを設置し、同社製品の採用イメージを可視化。併せてパネルで製品の特長などを説明し、ボタンを押すことで繋がる光のラインで、製品の採用イメージとパネルを結び付ける。パネルでは、①非接触充電システム、②大出力急速充電器、③電子デバイス、④車載用DC-DCコンバータを展示する。

[画像・上:ブースのパネルで表示される製品群のアイコンのうち、①非接触充電システム]

①非接触充電システムは、現在主流であるケーブル搭載タイプと比べ、送電コイルの上に停車するだけで充電できるため利便性が高い。これからのEV化社会に必須のシステムだ。

②大出力急速充電器

②大出力急速充電器は、国内唯一の90kWの最大出力で、2台同時充電も可能。従来の急速充電器の1.8倍の出力に対応しており、CHAdeMO1.2対応EVの充電時間を約4割短縮する。通信ネットワークによる充電サービス利用料の課金・決済にも対応している。

③車載デバイス

③電子デバイスは、ECU用、充電器用、SiC/GaNなどの次世代デバイスなど、車載からインフラまで多岐にわたる。環境対応車時代の車両の小型・軽量化・高効率化を担っている。

④環境対応車 集積技術

④車載用DC-DCコンバータは、汎用タイプで組み合わせにより補機系電源の冗長化、大出力化を実現するもので、低コストでシステム構築をサポートする。
ブースではこれら多彩な出展製品を紹介するナレーションも行い、「新電元の総合力」をアピールする。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Web版ログインページ
有料契約の方はこちらから
Web版ログインページ
機能限定版、試読の方は
こちらから

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー