原自連、福島第一事故の独立調査求める 国会事故調の資料保存・公開ルール策定も要請

小泉純一郎氏・細川護熙氏の2人の総理大臣経験者も参加して脱原子力と自然エネルギー推進を目指す市民団体「原発ゼロ・自然エネルギー推進連盟」(原自連、会長:吉原毅・城南信用金庫顧問)は12月24日、福島第一原子力発電所の事故に関する独立調査委員会の設置などを求める要請を国会議員に対して行った。 要請は衆議院内に設置されている原子力問題調査特別委員会の委員を中心に行われ、委員長の江渡聡徳氏および…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Web版ログインページ
有料契約の方はこちらから
Web版ログインページ
機能限定版、試読の方は
こちらから

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー