稲庭風力発電事業へ出資参画 =東北電力

東北電力は、風力発電事業会社の稲庭ウインド合同会社(東京地千代田区)に出資参画し、合同会社が岩手県二戸市八幡平市で建設を計画している稲庭風力発電事業の事業化の検討を開始した。 [画像・上:開発予定位置図(提供:東北電力)] 稲庭ウインドは、独立系再エネ発電会社として北米で最大規模のインベナジーの子会社インベナジーウインド(東京都千代田区)が出資して設立。 岩手県は風況に恵まれた…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Web版ログインページ
有料契約の方はこちらから
Web版ログインページ
機能限定版、試読の方は
こちらから

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー