はま寿司市川菅野店がNearly ZEB認証取得【ゼンショー】エネルギー消費量76%削減を実現

ゼンショーホールディングス(東京都港区)は5月11日、「はま寿司市川菅野店」(千葉県市川市)が75%以上のエネルギー消費量の削減を実現する「nearly ZEB(ニアリーゼブ)」認証を取得したと発表した。

同店のZEB化事業は、2019年度の環境省「ZEB実現に向けた先進的省エネルギー建築物実証事業」に採択されたもの。3月23日に開店した。

Nearly ZEBは、一次エネルギー消費量から50%以上の削減(再生可能エネルギーを除く)と、一次エネルギー消費量から75%以上100%未満の削減(再生可能エネルギーを含む)に適合した建築物に与えられる認証。

今回、ゼンショーは同店のZEB化にあたり、太陽光発電システムの導入、高効率給湯機、LED照明、断熱材などを活用し、エネルギー消費量を約76%削減した。

また、「Nearly ZEB」認証の取得に伴い、同社はZEB事例を有するオーナーを公表する制度「ZEBリーディング・オーナー」に登録した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Web版ログインページ
有料契約の方はこちらから
Web版ログインページ
機能限定版、試読の方は
こちらから

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー