廉価・安全・高容量の鉛電池開発【古河電工/古河電池】再エネ電力貯蔵を主眼に

古河電気工業(東京都千代田区)と古河電池(神奈川県横浜市)はこのほど、次世代型蓄電池「バイポーラ型蓄電池」を共同開発したと発表した。電力貯蔵用リチウムイオン電池比で、トータルコストを半分以下にする。2021年度中にサンプル出荷、2022年度より製品出荷開始を予定する。

「バイポーラ型蓄電池」は、一枚の電極表裏に各々正極、負極を持つ構造が特徴。従来の鉛蓄電池と比べて、大幅な低コスト化、軽量化、電池容量およびレート特性向上といったメリットがある。

鉛箔の薄箔化と長寿命化の両立、樹脂プレートの成形と接合技術、鉛箔/樹脂の異材料接合といった技術的課題を、同グループが培った独自のメタル・ポリマー素材力を活用し、量産実用化を実現した。バイポーラ型蓄電池の寸法は、縦300×横300×厚み250mmになる予定。このサイズでの容量は25度Cで50Ah、定格電圧は48ボルトと発表されている。

ピークシフト目的の長周期対応で、0.2CA(定格容量・電流値)という充放電特性はピーク電力貯蔵用リチウムイオン蓄電池(LiB)に匹敵し、消費電力量当たりの単価は50%以下となる。加えて空調レス、設置スペース性などからトータルコストを半分以下にできる。安全性にも優れる。

同グループは、電力貯蔵用蓄電池への展開を狙う。再エネ大量導入時代の同市場規模を、2030年には1.5兆円に達すると見る。現状ではLiBが有力視されているが、性能面、安全性、経済性で優位な「バイポーラ型蓄電池」の普及拡大を目指す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Web版ログインページ
有料契約の方はこちらから
Web版ログインページ
機能限定版、試読の方は
こちらから

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー