北海道室蘭市で木質バイオマス発電所運開【ENEOSほか】専焼として国内最大級

このたび北海道室蘭市で、新たな木質バイオマス発電所が運開した。 発電所名は「室蘭バイオマス発電所」。循環流動層ボイラや再熱式復水タービンなどの設備を持ち、発電容量は7.49万kW(74.9MW)。燃料は100%パームヤシ殻(PKS)で、木質バイオマス専焼の発電所になる。木質バイオマス専焼の発電所としては国内最大級となる。発電した電気はFIT制度を活用して売電を行う。 [画像・上:「室…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Web版ログインページ
有料契約の方はこちらから
Web版ログインページ
機能限定版、試読の方は
こちらから

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー