AIを用いた「電力需要予測サービス」を開始【ウェザーニュース】サミットエナジーが導入

気象情報会社のウェザーニューズ(千葉市)は、独自開発した「電力需要予測システム」を用いた「電力需要予測サービス」の提供を開始した。同システムは、最新の気象予測や消費電力などの実績データをもとにAIが学習し続けることで、高い精度で電力需要を予測するもの。 [画像・上:スポット市場向けの電力需要予測と実際の消費電力の比較のイメージ図(提供:ウェザーニューズ)] 多くの電力事業者は現在、独…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Web版ログインページ
有料契約の方はこちらから
Web版ログインページ
機能限定版、試読の方は
こちらから

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー