北海道千歳市の耕作放棄地でメガソーラー建設開始【スマートソーラー】太陽光発電開発の新たなフロンティアとしての耕作放棄地

スマートソーラー(東京都中央区)はこのほど、北海道千歳市の耕作放棄地に開発を進めてきた「千歳新川ソーラーパーク」の建設工事を開始した。FIT制度を活用して売電し、売電価格は1kWhあたり12.4円。 [画像・上:千歳新川ソーラーパーク完成図] 最大出力2MW(太陽電池パネル容量2.7MW)で、年間4,000MWhの発電量を見込む。一軸トラッキングシステム、両面発電パネル、ホタテ貝をク…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Web版ログインページ
有料契約の方はこちらから
Web版ログインページ
機能限定版、試読の方は
こちらから

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー