千代田区神田錦町の複合ビル「KANDA SQUARE」9月に全面開業へ 分散型電源+新設計NWで実現するこれからの地域レジリエンス

停電時に専用電力線経由で地域の複数ビルに発電機電力供給 2月、東京都千代田区神田錦町で地上21階・地下1階の複合ビル「KANDA SQUARE」(神田スクエア)が竣工した。近年、六本木や虎ノ門など都心部での再開発が相次いで立ち上がっているが、SDGs・ESG投資や脱炭素、レジリエンスなどへの意識の高まりという新たなトレンドを受けて、ビル建設・街づくりにおけるエネルギーの存在感は高まっている…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Web版ログインページ
有料契約の方はこちらから
Web版ログインページ
機能限定版、試読の方は
こちらから

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー